最近のお気に入り

最近、お気に入りの動画をご紹介させていただきます。
動画といっても、ライブ動画です。

徳島県にある日本一低い山、弁天山
イライラしてても、忙しくても、悲しくても、これを見ると心がホンワカ落ち着きます。


雨の日も、風の日も・・(´ー`)y-~~
ときどき車や自転車が通ったり、犬の散歩してたり・・(´ー`)y-~~



夕方と明け方はとてもきれい。
これが見たいがために、明け方5時過ぎに起きたりしてます。


この鳥居の前で結婚式するカップルは、
全国ネットでお祝いしていただけますねぇ、、、、(人´ω`)タハッ

誰か、鳥居の前で一芸披露してくださるときは、知らせてください(=゚ω゚)ノ
見てるから(・∀・)モエッ

アコーディオンの背負いベルトの重要性

アコーディオンの背負いベルトを、体に対して楽器が正しい位置にくるように合わせる事は、アコーディオンを演奏するにあたりとても重要なことです。
左手を通すベルトの閉め具合も重要です。

特に体験レッスンでは「時間がもったいないのでベルトは適当で大丈夫ですよ」とおっしゃる方、家にアコーディオンがあるので習ってみようかなと楽器ご持参の方の体験レッスンでは「家に帰ってから合わせるのでいいです」
と、とにかくアコーディオンに触る時間=弾く時間を重要視されます。

穴を開けてあわせるくらい、おうちでできることなのですが、今これからこの時間の体験レッスン、またはレッスンで楽器を抱えて、そして弾いてみることに対して、大切な作業なのです。

アコーディオンのベルトが体に合っていなければ、楽器は大変重たく感じ、蛇腹の開閉に伴って左右に動き、とても弾けたものでは有りません。
アコーディオンに興味をもっていただいて体験レッスンに来られた方、初めてアコーディオンに触れる方が、「楽しそう!」「面白い!」感じるのは、体にピッタリ合った楽器に触れたときだと思うのです。

背負いベルト、左手のベルトの調整が合っていなければ楽器に振り回されて、重たい、弾きにくいの印象しかないと思うのです。
アコーディオンを初めて弾いたときの、第一印象を左右してしまうくらい重要ポイントです(・∀・)ノ
楽器を弾く以前に、一番最初にすべき一番重要なことなのです。



そして、アコーディオンは重量のある楽器ですので、まず第一の心配は「こんな重たい楽器を抱えて演奏できるのかしら?」という相談や質問が多いです。

わたしは、147センチで体重は38~39キロで超ちっちゃいですが、13㌔のヴィクトリアのフリーベースアコーディオンを演奏しています。
クラシックアコーディオニストの御喜美江さんもとても小柄な女性ですが、ゴラにお顔を半分うずめながらも素敵に演奏されています。


楽器のベルトを正しく合わせて、中型~大型の楽器は背中に回して腰で留める腰ベルトも必要です。
ベルトを正しく合わせ、正しい姿勢で演奏すれば、大丈夫です。

それくらい、まずベルトの長さを合わせる時間は体験レッスンで楽器に触る時間よりも重要です。
電動ドリルで穴を開けたりもしますので、確かにお時間を頂きます。

体に合っていないアコーディオンのベルトは、小さすぎる洋服、または大きすぎる洋服を着てラジオ体操していると想像してみましょう~。
正しい動きで思いきり体操できませんね。とっても動きにくいと思うのです。
それと同じです。

ですから、ベルト調整にかける時間を「勿体ない」とは思わないでください。


・・・ですが・・、(ψ ̄д ̄)ψ
移動の際に背負って歩くのはたしかに重たいです。
ケースからの出し入れも重たいです。
でもそれは、アコデオンのため~ならエンヤ~コラ・・・、自分の体の一部と思ってガッツでがんばってください!!(=゚ω゚)ノ

ヴィクトリア


宮殿にて

チェスター

もう一昨日になりますが、車で15分くらいのご近所の宮殿にて演奏させていただきました。

以前からとっても気になっていたのですが、ものすごい存在感のある建物だけに、なかなか足を踏み入れる勇気がありませんでした。
今回、お仕事でやっと中に入ってみるチャンスが~♪♪
初めて中に入りましたが、すごい~~~~ヾ(゚∀゚〃≒゚∀゚)ノ!!!
ほんとに宮殿だわー(*゚▽゚)/゚・:*
ひとりでテンション上がりまくり!!

控室もゴージャラス、、(人´ω`)
赤いシャンデリアがいくつもあって、素敵、、(人´ω`)
一人で記念撮影してみました~~(・∀・)ノ ♪

BGMも静かだし、ここだけ時間がユックリ流れているようでお姫さま気分に浸れるので、これから時々、お茶しに行こうと思います(*゚▽゚)/゚・:*

チェスター

発表会

今日は、福岡市東区のロイヤルホストさんで、発表会を行いました。

ピアノ、アコーディオンの独奏、子供たちのピアノ連弾とリコーダー、カスタネット、歌などのアンサンブル、そして一般のお客様から小学生の女の子の飛び入り演奏ありでとても楽しい発表会でした。
こういう演奏会ってとっても素敵だと思います。
飛び入り、大歓迎です(=゚ω゚)ノ
わたしもやりたいな、やってみようかな・・でも恥ずかしい・・って思う気持ちなんか捨てちゃって、チャレンジしてください。
きっと、そういった気持ちを乗り越えて、ステージに立てたことは大きな自信へとつながると思います。いっぱい自分を褒めてあげてください。

そしてわたしも今日は、いつのまやら気付いたら司会進行を担当してしまっており、最初から最後まで楽しく参加させていただきました。

お店は満席で、もちろん出演者の家族以外に一般のお客様もお食事に来ていらっしゃる中での演奏はとても緊張するものだと思います。
そんな状況の中での演奏は、子供も大人も表情は真剣で、一生懸命集中する姿に感動しました。


大リーガーのイチロー選手の言葉に「練習は自分を裏切らない」という言葉が有ります。
ほんとにそのとおりです。
練習した分だけ上達するのはもちろんですが、
積み重ねてきた練習は自分だけの自信と支えであり、お金では買えない財産になると思います。

これからもがんばっていきましょうね。
今日は、おつかれさまでした(=゚ω゚)ノ♪
ロイホ
ロイホ

修理

いきなりどどーんと写真から!
ドア

むしりとられたスポンジ

ドア

自力で張り替え後


防音室のドアに、スポンジが埋め込んであるのですが、お子たちがそのスポンジをムシって剥がしてしまい、悲惨な状態に・・(ψ ̄д ̄)ψ
いったいなぜ、こんなことをするのか・・・?????
全く、コドモの行動は謎であり、温厚なわたくしも(?)やられた結果においては無性~~~にハラがたつ・・・(☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー

当然、防音も完全ではなかったので、完全オフ日の今日、修理する決意をしました。
・・といっても、自力で・・(ψ ̄д ̄)ψ

昨年、アコデオンのハードケースを特注した際、緩衝材の切れ端が入っていたので、それを利用しました。

まず、ドアノブの位置より上部からチャレンジ・・
ぼろぼろスポンジをカッターとヘラを使ってできる限りキレイに剥がして、
ハードケースのおまけの緩衝材の切れ端を、幅2,5センチにカットして、隙間にはめてみた。

よし!おk!(・∀・)ノ ♪

・・・と完了した気になり、ドアを閉めてみたら、、、
厚みがありすぎて閉まらない・・○| ̄|_=3

これを半分の厚さにカットするのかい~~!!‥(;´Д`)‥と思ったけど、やらなきゃどうしようもないので、幅2.5センチ、長さ約1メートル、厚さ1センチの緩衝材を、地道にカッターで5ミリの厚さにカットしていきました。

やっとこ分離作業が終り、はめてみたら、今度はピッタリ♪

ボンドで貼り付けて、完了~!!

写真のとおり、ドアノブの下半分はまだです・・・
疲れたのでとりあえず、今日はここまで。

作業しながら、「なんでこんな無駄な仕事を増やしてくれる!!!おばかちん!!(怒)」といらいらしながらの作業でしたが、リニューアルしてみると、上半分だけでもバツグンに防音効果アップしました(=゚ω゚)ノ♪



06 | 2009/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、やまぐちまりこです。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード