イチ押し演奏会のおしらせ

先日の「アコーディオンの交差点」のプログラムにも綴じ込みさせていただいておりましたが、
素晴らしい演奏会をお知らせします。

ぜひお時間のあるかたは行ってみてください。
ほんとなら、「お時間作ってでも行ってみてください!いえ、行ってください!」と声を大にしておすすめできる演奏会です。


ピアニスト 森淳子さんと
劇団に所属していらっしゃる 黒岩邦子さんによる朗読です。

そう、絵本の朗読とピアノのコラボ演奏会です。

2年前の春、このお二人の朗読演奏会を聴かせていただいたとき、
感動で大泣きしてしまいました。

演奏会で感動して泣いてしまったのは、
はじめてのイタリアでフランチェスコ先生の演奏会でした。
この時わたしはまだ、スタンダードベースのアコーディオンでした。
この時フリーベースに転向する決心をしたのでした。

そしてこの淳子さんたちの朗読演奏会。
わたしの人生で2回です。



絵本の朗読ですが、毎日いろんなことがあり生きている生活の中で、
今後の自分の生き方について、とても深く熱いものを心に感じました。


言葉では説明しがたい、本当に感動の演奏会です。
ぜひ、お出掛けください。






「Story  Concert」 (ストーリーコンサート)
ピアノ伴奏付き絵本読み聞かせ

日時 :  2010年3月12日(土)14:30~

会場 : カフェ&ギャラリー「レ・グラン
     大野城市下大利2-18-25 TEL(092)591-3061
     西鉄下大利駅より徒歩3分です。駐車場もあります。

出演 : 朗読・ピアノユニット「Vent Vert(ヴァン・ヴェール)」
     黒岩 邦子 (絵本朗読)
     森 淳子 (ピアノ)

料金 : 500円   要1ドリンクオーダー

※先着30名までですのでご予約をおすすめいたします。

     

第6回アコーディオンの交差点

今年も大盛況に終りました!

毎年パワーアップしている感じで、いや~、楽しかった!!
今年はアコーディオンアンサンブル。
毎年元気な弾き語りで会場を盛り上げて下さる「きんちゃんさん」
そして、はるばる広島から2年ぶりに参加の「てるおさん」が広島のアコーディオン仲間さんも一緒に参加してくださいました。
東京からはトンボ楽器社長の真野さま。


なんと今年の演奏エントリー数はアンサンブルも含め25組でした。すご~~い!!ヽ(・∀・)ノ!!
参加者のほぼ半分が出演者です。すごいですねぇ!(同時に緊張しますねぇ!(笑))


出演はこれまで、受付の際に出演者さんそれぞれ「くじ引き」で決定しておりましたが、
今回は25組もの出演でしたので実行委員5名がみなさまに代わり、実行委員会議の際に厳正に「あみだくじ」で決めさせていただきました。



「出演者25組分の楽器置き場」はこんな感じでございま~す。

acco20110206-02.jpg

出演者分の楽器です。これでもほんの1部ですよ。
総額どんだけ~~??(((゜Д゜)))

acco20110206-01.jpg


みなさん緊張しながらも最後まで一生懸命演奏してくださいました。
毎年思う事は、前年度にも参加した方々が1年ですごく上達していることに驚かされます。
今年もほんとにみなさんの上達ぶりには感激しました。


そして今年は休憩をはさみながら3部構成で行いましたが、毎年楽しい司会を担当してくれる新井くんとyu-comさん、そして今回お手伝いしてくださったゲスト実行委員のリエコさん、素晴らしかったです!!
時間通りにピッタリ~~~!すばらしいです。
このイベントの楽しみのひとつの司会。
「司会がとても楽しかった」と毎年アンケートに感想をいただきます。

実行委員もだんだん役割分担が決ってきたので、ゆっくりみなさんの演奏も聴く余裕がでてきました。

以前まではこのイベントを終えて帰宅したら、そのままバタンキュ~で何にも出来ないくらいこの世の果てまでいってしまったくらい(行ったことないけど・・)疲れていましたが、
確実に年々、歳とっているはずなのにもかかわらず?、年々疲れなくなってきている!
いや~、いいねいいね。
いつまでも元気でいたいものですヽ(・∀・)ノ




アコーディオンは、ボタンアコーディオン、鍵盤式アコーディオン、フリーベースアコーディオンといろいろなシステムがあり、メーカーによって音色にも特徴があり、そしてその楽器でいろんなジャンルや演奏スタイルで奏で、楽器自体もアコーディオンはとても美しいです。
そんなアコーディオンづくしのイベントです。
アコーディオン好きにはたまらないですぅ~~~(*゜∀゜)=3
3時間半の長時間イベントなのにあっという間なのです。

長時間イベントなので、休憩時間に実行委員のいわつなおこさんが体操の先生になってくださいました~。
みんなで体操したら楽しいですねぇ!

d0109726_2415491.jpg





最後にわたしの演奏はといいますと、
楽器の蛇腹を止める下のベルトを外しわすれていたので、
   
    あれぇぇぇ????Σヾ(・ω・´;)ノ!

1小節弾いたところで「蛇腹止め外してないよ~~!!すみませーん、やりなおしま~す」(^ω^;)(;^ω^)
となってしまいました・・
会場のみなさま、この失敗をあたたかい拍手で受け入れてくださりありがとうございます(´;ω;`)

フリーベースを始めてからは、アコーディオンの交差点ではフリーベースを演奏しています。
オルガンやチェンバロの楽譜を原譜のまま演奏します。
今年はみなさんがよくご存知の「G線上のアリア」と「3声のフーガ」を演奏しました。
ゆっくりした曲ですが、オルガンの両手さらに足鍵盤部までをアコーディオンでは両手だけでポリフォニーの美しさを演奏しなくてはならないので、とても難しいのですが、それがうまく出せていたかしら・・・・

反省したところは、左手をフリーベースではおもいきり深くベルトに入れ込まなくては演奏できないのですが、入れ方が浅かったために途中で左手で演奏しながら同じ左手でスイッチを変えなくてはいけないところで指がスイッチまで届かず、、、焦りました・・・(´;ω;`)
うあぁ、細かいところまで思い出せば反省点はいっぱいです。
わたしの好きな言葉でプロ野球のイチロー選手が言った
「練習は自分を裏切らない」という言葉です。
この言葉と、日々の自分の練習に支えられて本番で演奏しています。
きっとまだまだ練習が足りないのだろうなぁ。
今回の反省をふまえ、これからの練習がんばろうと思います。
(`・ω・´)シャキーン
いつか「フーガの技法」が演奏したいです。がんばろう!

集合写真


ではでは、また来年お会いしましょう~~!!


今回の「第6回アコーディオンの交差点」の写真は近日中にわたしのホームページにどっさりアップいたしますのでおたのしみに!(´ー`)y-~~












第6回 アコーディオンの交差点募集開始~~ヽ(・∀・)ノ

2月6日まで、本記事をトップに置きます。
新しい記事は、この記事の次にアップしていきますので、よろしくお願いします。



告知!!アコの交差点

アコーディオンの交差点を開催いたします。
アコーディオンが好きだ という方であれば、どなたでもご参加いただけます。
参加資格は一切ナシです。
毎年、小学生から70代まで幅広い年齢層の方々にご参加いただいております。
演奏して、たくさんお話しましょうね。
きっと、そこから何かがひろがっていきますよ。
もちろん、アコーディオンは弾けないけど、聴くのは大好き そして、アコーディオンってどんな楽器??という方も大歓迎です(・∀・)ノ ♪
いろいろな方が演奏するさまざまなジャンルのアコーディオンを聴いてお楽しみくださいね。
毎回参加申し込み受付開始から、2週間足らずで定員に達してしまう大人気イベントです。
2000円で、こんなにアコーディオンづくしのイベントは他にはないですよ~~ヾ(゚∀゚〃≒゚∀゚)ノ


名 称 : 『第6回 アコーディオンの交差点』 

日 時 : 2011年2月6日(日)
 15:00~18:00(開場14:30)

会 場 : 宮の杜ギャラリー もも庵
       福岡市東区箱崎1-43-18-2F
       TEL 090-4350-8798   

参加費 :2000円(高校生以上)・2.800円(保護者1名+子ども1名の親子セット料金)・1.000円(小・中学生)(各一人につき1ドリンク付き)
※中学生以下は保護者同伴のこと。

主 催 : アコ組(アコーディオンの交差点企画実行委員会)


後 援 : 福岡市、福岡市教育委員会、NPO法人、日本アコーディオン協会(後援先は全て申請中)

予約・問合せ acogumi@gmail.com(イベント専用アドレス)


定員になり次第、締め切らせていただきます。
なお、演奏ご希望の方は、1月23日(日)までに演目と前振りのため簡単で構いませんので自己紹介文を付けてお申し込みください。(演奏時間5分程度)

DSC02908_convert_20100208081612.jpg


*定員に達したため申込閉め切りました。

きょうのおしごと

演奏会情報には載せておりませんでしたが、
今日のお昼、わたしが小学生のころにお世話になった先生からのご依頼で演奏会をさせていただきました。

お客様はご年配のおじいちゃま、おばあちゃまでしたので、
唱歌や昭和歌謡を演奏して一緒に歌いました。

アコーディオンの伴奏で、みなさんと一緒にうたっていたら、
一人のおばあちゃまが泣き出しました。

一人泣いて、二人泣いて。。

音楽ってアルバムみたいなもので、きっと「この歌を歌った頃はこんなだったなぁ・・」ってみなさんその頃の自分を懐かしんでいたのでしょうね。

お顔は笑ってらしたので、きっと素敵な思い出だったことと思います。

演奏家の仕事って形として提供することはできない流動的なものだけれども、言葉では説明しがたい、ましてやお金では買えない時間と心を提供する事ができる素敵な仕事だなぁとみなさまから、あらためて教えていただきました。

これからも丁寧に、大切に、演奏を続けていきたいと思います。


第1回 箱崎現代音楽祭

?_convert_20110210020754
昨年末に、イタリア国立音楽院クラシックアコーディオン科の大学院を卒業して帰国した、クラシックアコーディオニスト木下隆也さんが演奏会をします。
主催は九州大学教授でもあり作曲家の藤枝守さんの企画です。
木下さんの帰国前に出演者もプログラムも決定し印刷物も完成していたのですが、クラシックアコーディオンでの現代音楽に興味をもっていただき、出演が決定しました。

音楽祭の期間中はいろいろなイベントが箱崎のギャラリーや九州大学キャンパスで開催されます。
わたしはさっそく、2月9日に開催される藤枝先生の「現代を語るための音楽~筥崎現代音楽祭プレトーク」に行って参ります。CDと本にサインしていただこう~~~!!!!(ノ・∀・)ノ ワッショイ!!
興味のある演奏会もたくさんあり、音楽祭期間中のスケジュールとお仕事の調整も楽しいですヽ(・∀・)ノ

箱崎現代音楽祭 公式サイト
藤枝守教授 ブログ




以下、木下隆也さんのブログより。

第1回箱崎現代音楽祭に出演します。
「植物文様」や「響きの考古学」などの作品や著作で有名な藤枝守教授が音楽監督をされてます。

かつて、博多湾という主要な拠点から大陸からの最新の情報や文化が集まったこの箱崎という土地の空気に現代の最先端の音楽を刻み込む、という試みの音楽祭です。

私もクラシックアコーディオンの最先端の音楽を箱崎の土地の空気に刻み込みます!!

日時 2月16日 水曜日 19:00開演
場所 箱崎水族館喫茶室
出演 木下隆也(クラシックアコーディオン)
入場無料

・プログラム・
・ファンタズマゴリエン    K.オルチャック
・ファンタンゴ        Y.ティエンス
・インプロヴィサツィオーネ  S.D.ジェスアルド
・ゴリオン          D.サルッツィ
01 | 2011/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、やまぐちまりこです。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード