リサイタル、終りました!

昨夜は福岡県柳川市のCaffè RABISTAにてリサイタルでした。

タイトルは「アコーディオンコンサート ~la vista!!~ 」

ラビスタはイタリア語でla vista(展望・風景)という意味があります。
「アコーディオンのこれからの展望」をここ柳川のCaffè RABISTAから発信していきたいという思いをこめました。



昨夜は普段の演奏会とは違い、自分でも不思議なくらい緊張しまくってしまい、手が氷のように冷たくなっていましたが、無事終えることができました~~(´・∀・`)




リサイタル前日にイタリア、ローマ在住のアコーディオンお友達、ひでしさまから応援のメッセージが届きました。
直前にメッセージを読み返し、「よし!いったる~~!!!(`・ω・´)シャキーン」気合いが入り、勇気がでました!!
言葉の持つ威力って何よりも強いものだと、今日あらためて感じました!
ほんとに心強かったです。
ひでしさま、素敵なメッセージをありがとうございました。



そして!!ヽ(・∀・)ノ

演奏会は、皆様に大変よろこんでいただき、
「1,000円でこの内容は安い!」
「次回はいつ??」
とたくさんの方が言ってくださいました。

「良かったよ~~!」という言葉はお世辞なのかしら本心なのかしら・・といつも不安になるのですが、
ご来場頂いたお客様からのこのような言葉を聞いて、
あぁ、よかったぁ~~と心底ホッとしております。(´;ω;`)


それから、一番皆様が良かった!と言ってくださったのがバッティストンの「ギャラクシー 」でした。

現代音楽は難しいと敬遠されがちですが、このような音の世界に自然と引きずり込まれてしまうような作品は、人間ってとっても心地良いのだろうなぁと思いました。

中学2年の息子は小学6年の妹と毎日ケンカばかりしているのですが、
「席を立って見にいってしまった。マジでギャラクシーの間だけ歌ちゃん(娘の名前)に対するイライラが消え去ったけん!!!」という最高の褒め言葉(・∀・;)? をいただきました。

この作品、日本初演です!
わたしたちが初めて日本国内で演奏しましたので、動画に撮っておけば良かったなぁ・・とそれだけが少し心残りですが、昨夜は演奏していてとっても楽しかったです。
客観的に聴いてみたい!!と思いました。

これからも練習も演奏会もレッスンも!!頑張っていきます。

ご来場いただいたみなさま、応援してくださった皆様、今回の演奏会にあたって協力してくださったCaffè RABISTAのオーナーご夫妻、ありがとうございました!!


明日はリサイタルです~・・(もう今日になってしもうた)

明日10月30日(日)は西鉄柳川駅前徒歩30秒の(福岡です~)のcafe RABISTAにてリサイタルをします。

お天気が怪しいところですが、皆様ぜひご来場ください~。(・∀・)
日本初演の作品多数演奏いたします。
それから、今回の超目玉商品!ではなく~、おすすめのプログラムはアンサンブルでアコーディオン4台でバッティストンの「ギャラクシー 」を演奏します。
即興性要素の強い現代音楽ですが、宇宙空間を漂うような宇宙人と交信するような、はたまた海の底へ沈んでゆくような・・・なんとも心地よい不思議な曲です。
日本初演です。


当日券が若干まだあるそうです。お店までご予約ください。

cafe RABISTA(0944-73-8487)
19:00オープン
19:30スタート 
料金1.000円(1ドリンク付き!)
出演:やまぐちまりこ、木下隆也
アンサンブル出演:やまぐちまりこ、木下隆也、森美千子、山本恭子
オープニングアクト:MIYOKAYO

SUONO ITALIA イタリア楽器フェア よりお知らせ

昨日10月17日より東京のイタリア文化会館で開催中のイタリア楽器フェア 「SUONO ITALIA

わたしの教室「クラシックアコーディオン・ラボ」の講師であるクラシックアコーディオニストの木下隆也先生が、イタリアアコーディオンメーカー「ZERO SETTE(ゼロセッテ)」出展ブースにて、デモ演奏及び楽器説明、通訳等で参加しております。

初日からたくさんのお客様にご来場いただき、大変な盛り上がりだそうです。
そして、明日最終日に「ゼロセッテ」よりアコーディオンを特価にてお譲りできることになったと
木下先生から、さきほど連絡がありましたので、わたしのブログでも紹介いたします。

気になる方、ご検討されたい方は、

明日(10月19日)午後3時までに
「SUONO ITALIA」会場である東京イタリア文化会館、
楽器展示コーナーの「ゼロセッテ」ブース、木下隆也氏をおたずねください。


お譲りできる楽器は決まっており、
今回展示している楽器のうち、2台になります。
スタンダードベースアコーディオンと、クラシックアコーディオン(フリーベースアコーディオン)各1台づつです。

各楽器の詳細です。

☆「ZERO SETTE   B.29 SUPERLEGGERA」・・・スタンダードベースアコーディオン
41鍵 120ベース
ダブルチャンバー

ダブルチャンバー仕様でありながら、10.4キロという極限まで軽量化した楽器です。
画像はこちら!

☆「ZERO SETTE  B.22-45 CONVERTER」・・・クラシックアコーディオン(フリーベースアコーディオン)
45鍵 120ベース
チャンバーなし
フリーベースシステムはクイント

12.9キロという最軽量のクラシックアコーディオン(フリーベースアコーディオン)です。
プロの方はもちろん、これから勉強をはじめる方にも最適のモデルです。
画像はこちら!

Terry Riley 『In C』

昨夜は来月11月20日に「箱崎千年現代音楽祭」で開催されるTerry RileyのIn Cの公開リハーサルでした。

ロボット楽器によるパルスにのって、53のパターンを、それぞれがタイミングをはかりながら、まわりとの調和を保ちながら演奏をすすめていく、即興性の強い作品です。

1回目は40分。
2回目は80分になりましたが、2回目のセッションでは皆の息もぴったり合って、すばらしいものになりました!

参加楽器は
ピアノ、ヴァイオリン、サックス、クラリネット、ギター、コントラバス、アコーディオンです。本番ではマリンバも加わる予定です。
この作品には、演奏に疲れたら、コーラス(歌ってもいい)というテリー・ライリーの指示があり、とてもユニークな作品です。

今回の音楽監督である作曲家の藤枝守氏が以前、テリー・ライリーを招いて和楽器・・箏と笙、そしてパルスは鉦(かね)ピアノはテリー自身が演奏した動画を、昨夜のリハーサル前に見せていただきました。

和楽器による「in C」は壮大な宇宙空間かはるか昔の太古を思い起こすようで、大変面白かったです。弦のはじく音と、笙、そこに加わる西洋楽器のピアノ、そして鉦が打ち鳴らすパルス、すてきでした。
今回わたしたちの「in C」は楽器の種類が多いため、和楽器とはまたちがった音の調和と空気を作り出し表情豊かな作品になったと思います。

わたしは本番の11月20日は以前から別の仕事が入っており、残念ながらのることができませんが、次回の公開リハーサル(11月18日開催)までは参加します。
この日は、本番会場でもある、「九州大学総合研究博物館内 旧工学部知能機械実習工場」で行います。

100年前、この研究室にアメリカからとりよせた機械たちがそのまま100年の時を超えて点在するとても不思議な空間にておとどけいたします。


そして、この「箱崎千年現代音楽祭」11月22日は
「◆木下隆也クラシックアコーディオン・ライブ ~~ニューミュージック・リサイタル in Fukuoka シリーズ 」にて木下先生が演奏します。
日本初演の作品を多数演奏いたします。

そして、最終日の11月26日。
エリック・サティの作品で「ヴェクサシオン」
「嫌がらせ」という意味の《ヴェクサシオン》は、1分程度のピアノ曲だが、840回繰り返すという指示があり、実際に演奏すると18時間くらい要する曲です。初演は、1963年にジョン・ケージらによって行われました。

この作品を福岡の音楽家たちにより演奏します。
わたしも木下隆也氏も、この日はピアノを演奏いたします。
アコーディオンをはじめてから人前でピアノを演奏するのは初めてですので、緊張しますががんばります。

SUONO ITALIA ~イタリアの響き~

本日10月17日(月)より19日まで、東京のイタリア会館で開催されているイタリア製アコースティック楽器の総合イベント、「SUONO ITALIA」


アコースティック楽器を中心とした、イタリア製楽器の総合イベントです。実際に、楽器に触れたり、演奏を聴いたりすることで、来場する日本の方々に、イタリア製楽器の音色の素晴らしさ、そして製作技術の高さを体感していただく、未だかつてない楽器展です。
もちろん、アコーディオンメーカーも多数参加します。
こんなにアコーディオンがたくさん揃う楽器フェアは日本では本当に貴重です。
イタリアのカステルフィダルドがそのまま日本にやってきたようなイベントです。
各メーカーの経営者、責任者の方々が来られていますので、実際にお会いすることもできます。
ぜひ、この機会に足をお運びになって、いろいろご質問、そして試奏されてみてはいかがでしょうか?

イタリアからの楽器が勢ぞろいする楽器フェア、大変充実したイベントまちがいなしです。


そして!(・∀・)ノ !!!!!

今回のこの素晴らしいイベントに、ゼロセッテのALESSIO GERUNDINI氏よりお声かけ頂き、木下隆也先生が参加します。
期間中はゼロセッテ展示ブースにてのアレッシオ社長とともに、みなさまのご質問にお応えしたり、デモ演奏等でみなさまに、アコーディオンをおとどけいたします。



SUONO ITALIA ~イタリアの響き~

日時:2011年10月17日(月)~19日(水)までの3日間
会場:イタリア文化会館・東京
   東京都千代田区九段南2-1-30  Tel:03-3264-6011(代表)




09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、やまぐちまりこです。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード