4年にいちど。

うるう年ですね!

今日は4年に1度めぐってくる2月29日。

昨日はレッスンを終えて、夕方から友人と不思議喫茶店「サナトリウム」でお茶。☕️🍰

サナトリウムでは、3月15日まで江戸川乱歩展を開催中で、なんと‼️江戸川乱歩の短編小説にでてくる「人間椅子」を実際に作って展示してみた!
とのことで、人間椅子、堪能してきましたよ。
実際に入れます。
もちろん座れます。

メイドさんに扮した不思議子ちゃんが、人間椅子で人間椅子を朗読、というなかなかシュールな時間も楽しめました。


金魚が泳ぐテーブルでお茶をしながら、喋べくりまくり、楽しかった。
お店を出たら、「じゃーまたねー☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ」 とさくっと解散。

こういう仲間、大好き!
また行きたいな。



3月もがんばろうー‼️(*^^*)












「アコーディオンベルト」(・∀・)⁉️

タイトルの通り「アコーディオンベルト」や、「アコーディオン背負いベルト」という検索で、こちらのブログに来て下ってる方たくさんいます。

「アコーディオンベルト」の何だろうー??
アコーディオンベルトが欲しいのかな??
と気になっております。→(コメント欄で質問してくださってもいいのですよー(・∀・))

アコーディオンのベルトが欲しい場合、、、その場合は楽器のサイズによって最適なものを選んだほうが良いです。
アコーディオンを取り扱っている楽器屋さん、アコーディオンリペア屋さんに電話して、持っている楽器のモデル、分からなかったら鍵盤の数や左手のボタンの数など伝えるとOKです。

そして送っていただきましょうー‼️
東京や大阪に住んでる方でしたら、直接買いに行けると思いますが、
何しろ、うちの教室、九州は福岡ですので、近くにアコーディオン専門店がない・・・(>_<)
いつも楽器屋さんから送っていただいてます。

楽器屋さん、いつもありがとうございます~~‼️



あとは、ベルトが長すぎてどうしたらいいの??の場合もありますねー。

ちょっとの場合は、自分で穴を開ければ良いですね(・∀・)

いゃいゃ、開けてもま~~だ長いのよ。。どういう場合はカットします。

アコーディオンリペア職人さんに送って、「何センチカットしてください」とお願いできれば、バッチリ仕上げて下さるので、それが一番オススメです。

ちなみに、うちの教室、九州は福岡ですので自力でやっております。(´・Д・)」

カットしすぎたら取り返しがつかないので、緊張の作業です。


以前は、うちの教室でも自分の楽器ベルトも生徒さんのベルトも、お預かりして楽器店さんやリペア職人さんへ送ってカットをお願いしておりました。
でも、ある日自分の楽器ベルトが切れてしまい、ストックで購入していたベルトはあったのですが長すぎる。。
仕事で使うので(送ってしまったらその間お仕事でできません。。)どうしても楽器店や調律師さんのところへ送る時間がなく、
悩んだ末、革細工職人さんにお願いすればやっていただけるかもー!!と、藁をもすがる思いで近所の革細工工房の職人さんのところへベルト持って行きました。

そしたらば、とても親切な方でして「これは自分でも出来るよ、出来た方がいいですよね!」と半日修行で教えていただきました。
道具もホームセンターで取り寄せするより早いからと、職人さんの工房で揃えることが出来ました。

それ以来、ベルト調整は自力でしております。
金具やらなんやらを一旦全部外して(これ結構大変)カットして、また金具を木槌で打ち込んでつなぐ。

アコーディオンのベルトって、姿勢と同じくらいにとても重要で、合ってないベルトで演奏するととってもストレス(>_<)
疲れ方も全然違うし、重要な姿勢も体幹も崩れてしまう。
すぐその場でジャストサイズに調整したい!
それができるようになりました~~!



でも、、パーツの在庫不足で出来なかったことがあって、その時は生徒さんに申し訳なくてすんごい落ち込みます。(´・ω・`)

パーツは常に在庫チェックチェックチェック~~! → (40個はあるのでしばらくOK❗️)


ベルトのお悩みってこれくらいかな??

3月の演奏会・講習会

☆3月の演奏会 No.1
「ディナータイム コンサート」

日時 : 2016年3月4日(金)
     18:00~, 19:00~, 20:00~(予定)
会場 : 「レストラン 花やしき 本店」
      佐賀県鳥栖市柚比町296-1 Tel 0942-83-2000
料金 : ご飲食代のみ
出演 : やまぐちまりこ(クラシックアコーディオン)





☆3月の演奏会 No.2
「ランチタイム コンサート」

日時 : 2016年3月8日(火)
     11:30~, 12:30~, 13:00~ (予定)
会場 : 「レストラン 花やしき 本店」
      佐賀県鳥栖市柚比町296-1 Tel 0942-83-2000
料金 : ご飲食代のみ
出演 : やまぐちまりこ(クラシックアコーディオン)





☆3月の演奏会 No.3
「チンドン」

日時 : 2016年3月12日(土)
会場 : 「博多エキナカ マイング」 (博多駅)
     1回目 10:00~、 2回目 13:00~、 3回目 15:00~ (各回30分程度)
出演 : 安達ひでや、彩葉、やまぐちまりこ




☆3月の演奏会 No.4
「第6回クラシックアコーディオンラボ女子部発表会(男子もいるよ)」

当アコーディオン教室の生徒さん企画によるミニ発表会です。
「女子部」とありますが、男子もおります(*^^*)
100%生徒さん企画の発表会です。緊張の中、一所懸命演奏します。あたたかく見守ってください(*^^*)

日時 : 2016年3月13日(日) 14:00頃~
会場 : 「アベニュー」
福岡市南区井尻4-3-1-2F
料金 : ドリンク代のみ




☆3月の演奏会 No.5
「ディナータイム コンサート」

日時 : 2016年3月14日(月)
     18:00~, 19:00~, 20:00~(予定)
会場 : 「レストラン 花やしき 本店」
      佐賀県鳥栖市柚比町296-1 Tel 0942-83-2000
料金 : ご飲食代のみ
出演 : やまぐちまりこ(クラシックアコーディオン)




☆3月の演奏会 No.6
「ディナータイム コンサート」

日時 : 2016年3月16日(水)
     18:00~, 19:00~, 20:00~(予定)
会場 : 「レストラン 花やしき 本店」
      佐賀県鳥栖市柚比町296-1 Tel 0942-83-2000
料金 : ご飲食代のみ
出演 : やまぐちまりこ(クラシックアコーディオン)





☆3月の演奏会 No.7
「第11回 アコーディオンの交差点」

今年で11回目を迎えます。聴くだけ参加、各種ワークショップ、懇親会は若干余裕がございます。
メールまたは、アコーディオンの交差点申し込みフォームよりご予約ください。

日時:2016年3月20日(日)
開場 13:30 、 開演14:00  (17:30頃終演予定)
会場:「太宰府館 まほろばホール」
    福岡県太宰府市宰府3-2-3 Tel 092-918-8700

参加料:演奏参加 2,000円 、 聴くだけ参加 1,000円、 聴くだけ参加(中学生以下)無料

懇親会: 18:00頃~(交差点が終わり次第、同会場で行います)  参加費 大人 2,500円 、 中学生以下 1,000円

その他、
各種セミナー、ワークショップについて。

スペシャルセミナー開場時間 10:00
○ 10:30~11:20 (50分) 
「トンボ楽器アコーディオン解体セミナー」 講師 真野哲郎(トンボ楽器)
参加費 500円

○ 11:30~12:20 (50分)
「アコーディオンレジスター完全マスターセミナー」 講師 木下隆也(平成音楽大学アコーディオン講師)
参加費 500円

○ 10:30~12:30 (120分)
ペパニカワークショップ 講師 岡田路子(ネネロロアコーディオンリペアサービス)
(紙でアコーディオンを作ります。作ったペパニカで合奏します)
参加費 500円+2,500円(材料費) 合計3,000円

お申し込み、お問合せについてはこちら。
交差点申し込みフォーム  http://kousaten.accordion-lab.com/
  ← クリック!!

交差点専用メールアドレス
accogumi☆yahoo.co.jp
迷惑メール防止のため、@を☆に代えております。
送信の際には、@でお願いいたします。





☆3月の演奏会 No.8
13万球のチューリップが咲き誇る
「のおがたチューリップフェア 2016」

日時 : 2016年3月27日(日) 14:00~
会場 : 「直方リバーサイドパーク(直方市役所下遠賀川河川敷中之島)」
      福岡県直方市殿町7-1(直方市役所前河川敷)
料金 : 無料
出演 : やまぐちまりこ(アコーディオン)、中西智子(フルート)、森凛(ピアノ)
お問合せ: 直方チューリップフェア実行委員会 TEL:0949-28-8135

❇︎雨天の場合は出演は中止になります。





☆3月の演奏会 No.9
「ランチタイム コンサート」

日時 : 2016年3月30日(水)
     11:30~, 12:30~, 13:00~ (予定)
会場 : 「レストラン 花やしき 本店」
      佐賀県鳥栖市柚比町296-1 Tel 0942-83-2000
料金 : ご飲食代のみ
出演 : やまぐちまりこ(クラシックアコーディオン)





☆3月の演奏会 No.10
「ランチタイム コンサート」

日時 : 2016年3月31日(木)
     11:30~, 12:30~, 13:00~ (予定)
会場 : 「レストラン 花やしき 本店」
      佐賀県鳥栖市柚比町296-1 Tel 0942-83-2000
料金 : ご飲食代のみ
出演 : やまぐちまりこ(クラシックアコーディオン)

残すは確定申告と交差点

年が明けて、節分も過ぎ、2月も後半に入りつつあります。

年明けから

⭐️美術と音楽の戸畑こども大学

⭐️クラシックアコーディオンラボ発表会

⭐️アースリズムリズム・アンサンブル・オブ・フクオカ 第3回公演

⭐️アコーディオンの交差点

⭐️確定申告


これら5つのイベントの準備や運営を同時進行で進めております。

一年で一番エネルギー使うとき。
しかも、全部大きな企画ものだったりする。(`・∀・´)




アースリズムアンサンブルが先日無事に終えることが出来たので、これから決算書を作ったりの残務が…!


アコーディオンの交差点はこれから、プログラム作成に入り、セミナーやワークショップ、実行委員で当日の役割分担や進行について固めていきます(・∀・)

セミナー、ワークショップ、聴くだけ参加は引き続き受付中ですよ~~!



そして、確定申告。
これ、まだちゃんちゃら全然手をつけてまてん(>_<)


デスクワーク的な忙しい時期が毎年やってくるのが、1月中旬から交差点(もしくは確定申告)終わるまで。

練習フェチのわたしとしては。。。

むぅぅ。
がっつり練習したい!!・゚・(*ノДノ)・゚・








アースリズム終わりました。

アースリズムアンサンブル・オブ・フクオカ 第3回公演‼️


満席のお客様~~・゚・(*ノДノ)・゚・


現実に戻りたくないほどの
繊細で美しい音の世界でした。。



↓ ボーカルの松石恭子さん。
「歌づけ般若心経」や「響の交唱」などうたっていただきました。



↓ たくさんのお客様からの拍手が嬉しかったです。



↓全員で。
わたし、ちっちゃすぎ!((((;゚Д゚))))))))



===========
以下、アースリズムアンサンブル・オブ・フクオカ、音楽監督 藤枝守氏のFacebookより引用させていただきます。


昨日(2月21日)、アースリズム・アンサンブル・オブ・フクオカ 第3回公演が九州大学大橋キャンパス・多次元ホールにて無事に終了。今回は、ボーカルの松石恭子さんをフィーチャーして、「歌づけ般若心経」や「響きの交唱」など、たくさん歌っていただきました。また、ゲストの松岡祐美さん(ヴァイオリン)や井上曜子さん(チェロ)のお力もお借りして、いい公演となりました。観客の暖かい拍手もうれしいかぎりです。
福岡の演奏家たちと一緒に現代の音楽を聴く機会を作ろうということで始めたのですが、そこには、今の時代を反映したプログラムにしぜんとなっていきます。Terry Rileyの「Be Kind of One Another」は、サラ・ケイヒルが始めた「Sweeter Music」プロジェクトから生まれたピアノ曲ですが、そのプロジェクトの背景には、平和への志向がありました。また、ペルトの作品も2004年にマドリードで起こった電車爆破事件の追悼のために作曲されたものです。また、伊藤比呂美新訳の「般若心経」も、その意味が深まる時代になりました。さらに、「今日は死ぬのにもってこいの日」が重なってくると、この現実を考えざるを得ません。
これからも、アースリズム・アンサンブルが福岡に根付いていくように努力していきます。
演奏家のみなさん、ありがとうございました。
参考に当日の配布プログラムを紹介します。
===========
Earth Rhythm Ensemble of Fukuoka
アースリズム・アンサンブル・オブ・フクオカ
第3回公演
2016年2月21日(日)九州大学大橋キャンパス・多次元ホール

テリー・ライリー Terry Riley
Be Kind of One Another (2008)
互いに優しく

ジョン・ケージ John Cage
Thirteen Harmonies (1985)
13ハーモニーズ

アルヴォ・ペルト Arvo Part
Da Pacem Domine (2004) 
ダ パーチェス ドミノ~主よ、平和を与え給え

クリストファー・スヴェンソン Kristofer Svensson
tibi ros, rosea (2015) 
you dew, pink

藤枝守 Mamoru Fujieda
歌づけ般若心経 室内楽版~改訂初演 (2012>2015)

<休憩>

藤枝守 Mamoru Fujieda
青い夜がおりてくる (2002>2015)~「植物文様ソングブック第4集」から

藤枝守 Mamoru Fujieda
響きの交唱 室内楽版~改訂初演(1999>2015)
交唱 I マリアはバラを愛する-I
交唱 II おんなのダンス・ソング
交唱 III マリアはバラを愛する-II
交唱 IV 今日は死ぬのにもってこいの日
交唱 V わたしは女です
交唱 VI 聖マリアよ、われらのために祈りたまえ

アースリズム・アンサンブル・オブ・フクオカ
ボーカル:松石恭子 (ゲスト)
クラリネット:棚町幸則
ヴァイオリン:松岡祐美(ゲスト)
チェロ:井上曜子(ゲスト)
アコーディオン:木下隆也
ピアノ:松村由佳,Gumi

音楽ディレクター:藤枝守
音楽コーディネーター:やまぐちまりこ・松村由佳  
美術・広報:森美千子
========
★テリー・ライリー Terry Riley Be Kind of One Another (互いに優しく)
~~昨年、80歳を迎えたテリー・ライリーの近年の代表的なピアノ作品。アメリカのピアニスト、サラ・ケイヒルによる平和を志向する「Sweeter Music」プロジェクトのために作曲され、2009年に西海岸バークレーに初演された。全体は、ライリー独特の即興的なイディオムで貫かれているが、よりヴィルトオーゾ的で壮大に展開していく。タイトルの「Be Kind of One Another」は、アフリカ系アメリカ人の作家、アリス・ウォーカーによる「9.11以後、われわれは、今、互いに優しくなることを学ばなくてはならない」という言葉に由来している。

★ジョン・ケージ John Cage Thirteen Harmonies (13ハーモニーズ)
~~この作品は、アメリカ建国200周年記念に作曲した『アパートメントハウス1776』から13曲を編曲したものである。1776年に13の植民地がアメリカ独立宣言を出した当時のアメリカの賛美歌や宗教音楽を断片的に引用する形で作曲されている。今回は、このなかから3曲をバイオリンとともに3つの鍵盤楽器(ピアノ、ローズピアノ、アコーディオン)によって演奏する。

★アルヴォ・ペルト Arvo Part Da Pacem Domine (ダ パーチェス ドミノ~主よ、平和を与え給え)
~~2004年にマドリードで起こった電車爆破事件の追悼のために作曲され、その後、器楽曲に編曲されている。全体は、4つの声部がそれぞれ同じ律動性で構成され、単純な音素材、不完全な和声、繰り返される旋律とリズムパターンから構成される音響が、この作品に独特の印象と神秘性を与えている。今回は、アコーディオン、クラリネット、バイオリン、チェロという「アースリズム・アンサンブル」の編成で演奏する。(木下隆也)

★クリストファー・スヴェンソン Kristofer Svensson tibi ros, rosea (you dew, pink)
~~この曲は、空気についての歌。アコーディオンはエオリアン・ハープである。つまり、音のない空気の破裂、あるいは、あたかもギリシア神話の西風神ゼファーが共鳴の節(node)を探しながらリードを鳴らすような長く持続する和音のいずれかに演奏が制限されている。(クリストファー・スヴェンソン)

★藤枝守 Mamoru Fujieda 歌づけ般若心経 室内楽版~改訂初演
~~詩人の伊藤比呂美による現代語に訳した「般若心経」をテキストとする長大な歌曲。その旋律的な素材の多くは、《植物文様第21集~pattern B》から引き出されている。これまでにピアノやギター、チェンバロ、ガムランなど、さまざまな楽器による伴奏で歌われてきたが、今回は、4つの楽器によるあらたな室内楽版が演奏される。

★藤枝守 Mamoru Fujieda 青い夜がおりてくる
~~《植物文様ソングブック第四集》におさめられている一曲。ピアノのための《植物文様第十二集~pattern A》に基づき、金関寿夫の訳によるネイティブ・アメリカン・パパゴ族の言葉が節づけされている。曲線的なカーヴを描く特徴的なメロディが絡み合いのなかに、その言葉が浮かび上がる。ピアノや箏による伴奏で歌われてきたが、今回はアースリズム・アンサンブルの編成に改訂された演奏となる。

★藤枝守 Mamoru Fujieda 響きの交唱 室内楽版~改訂初演
~~この作品は、1999年の神奈川芸術フェスティヴァル「響きのルネサンス」で上演されたモンテヴェルディの《聖母マリアの夕べの祈り~Vespro》に挿入されるアンティフォナとして作曲された。アンティフォナとは、詩篇やマニフィカートのあいだに挿入されるラテン語による伝統的な聖歌のこと。このバッハ・コレギウム・ジャパンによる「神奈川県立音楽堂オリジナル・ヴァージョン」では、まったく新しいアンティフォナを挿入することによって、現代に相応しいVesproの上演が試みられた。なお、この新たなアンティフォナは、鈴木雅明さんのアイデアによるもの。
テキストの選択においては、ネイティヴ・アメリカンに影響を受けた女性詩人ナンシー・ウッドやジェローム・ローゼンバーグによる詩のテキスト、さらに銅金裕司による「聖母マリア」に因むバラの学名を織り込んだラテン語のテキストによっている。初演は、2人の声楽ソリスト、合唱、それに箏、笙、ヴィオラ・ダ・ガンバ、ポジティブ・オルガンという楽器編成であったが、今回の演奏は、声のソリストを中心としたあらたな室内楽の編成によっている。
========


01 | 2016/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、やまぐちまりこです。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード