Terry Riley 『In C』

昨夜は来月11月20日に「箱崎千年現代音楽祭」で開催されるTerry RileyのIn Cの公開リハーサルでした。

ロボット楽器によるパルスにのって、53のパターンを、それぞれがタイミングをはかりながら、まわりとの調和を保ちながら演奏をすすめていく、即興性の強い作品です。

1回目は40分。
2回目は80分になりましたが、2回目のセッションでは皆の息もぴったり合って、すばらしいものになりました!

参加楽器は
ピアノ、ヴァイオリン、サックス、クラリネット、ギター、コントラバス、アコーディオンです。本番ではマリンバも加わる予定です。
この作品には、演奏に疲れたら、コーラス(歌ってもいい)というテリー・ライリーの指示があり、とてもユニークな作品です。

今回の音楽監督である作曲家の藤枝守氏が以前、テリー・ライリーを招いて和楽器・・箏と笙、そしてパルスは鉦(かね)ピアノはテリー自身が演奏した動画を、昨夜のリハーサル前に見せていただきました。

和楽器による「in C」は壮大な宇宙空間かはるか昔の太古を思い起こすようで、大変面白かったです。弦のはじく音と、笙、そこに加わる西洋楽器のピアノ、そして鉦が打ち鳴らすパルス、すてきでした。
今回わたしたちの「in C」は楽器の種類が多いため、和楽器とはまたちがった音の調和と空気を作り出し表情豊かな作品になったと思います。

わたしは本番の11月20日は以前から別の仕事が入っており、残念ながらのることができませんが、次回の公開リハーサル(11月18日開催)までは参加します。
この日は、本番会場でもある、「九州大学総合研究博物館内 旧工学部知能機械実習工場」で行います。

100年前、この研究室にアメリカからとりよせた機械たちがそのまま100年の時を超えて点在するとても不思議な空間にておとどけいたします。


そして、この「箱崎千年現代音楽祭」11月22日は
「◆木下隆也クラシックアコーディオン・ライブ ~~ニューミュージック・リサイタル in Fukuoka シリーズ 」にて木下先生が演奏します。
日本初演の作品を多数演奏いたします。

そして、最終日の11月26日。
エリック・サティの作品で「ヴェクサシオン」
「嫌がらせ」という意味の《ヴェクサシオン》は、1分程度のピアノ曲だが、840回繰り返すという指示があり、実際に演奏すると18時間くらい要する曲です。初演は、1963年にジョン・ケージらによって行われました。

この作品を福岡の音楽家たちにより演奏します。
わたしも木下隆也氏も、この日はピアノを演奏いたします。
アコーディオンをはじめてから人前でピアノを演奏するのは初めてですので、緊張しますががんばります。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あらら!
お客さまの前でピアノも演奏されるのですか・・・マルチ演奏家ですねー
(^-^

Re: No title

てるおさんへ おへんじ

学生時代は楽器展示会などでピアノや電子ピアノのデモ演奏でアルバイトしてましたが、卒業して就職してから、そしてさらにアコーディオンはじめてからは、ほとんどピアノは弾かなくなりました。
今は、ほんとにたま~~~に気が向いたときに弾くくらいです。
もう、ショパンやリストの作品は指も目も追いつかず、
音符で楽譜が真っ黒にうまった楽譜は今ではもう演奏できません。(´;ω;`)

今回のヴェクサシオンは楽譜(音符レベル??)は難しくないのですが、音符が少ない分、間の取り方やペダルの使い方が非常に難しくて、かなりの集中力を必要とする曲でぐったり神経が疲れます~。
上手な演奏家が弾くヴェクサシオンは、聴いている方はとてもリラックスした心地よい気持ちにるのです。
そんな演奏ができたらいいなぁ。。

個人的には、アコーディオン演奏家がヴェクサシオンを演奏するなら、神出高志さんはとても素敵に丁寧に演奏されるのではないかしら?と思います。いつか神出さんのヴェクサシオン、聴いてみたいなぁ。

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、やまぐちまりこです。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード