FC2ブログ

2020年令和2年の弾きおさめInC

‪昨日は毎年恒例の「弾きおさめInC 」でした!

今年のInCは「藤枝守音楽塾 番外編」ということで開催し、
テリー・ライリーと親交の深い藤枝先生のトークにはじまりました。
その中で紹介された純正律のお話、そして純正調に調弦された箏と笙、パルスは高田みどりさんによる鉦、そしてテリー・ライリーによるピアノという編成のinC の記録動画を一部見ることができました。
それがなんとも美しいのです。
最後まで見たかった!


トーク後いよいよInC の演奏に入ります。
コロナ禍の影響で会場にご来場いただく人数を制限しているため、
今年は演奏者8名によるInC 。

アコーディオン 2台
トイピアノ
ヴィオラ
ギター
オーボエ
クラリネット
ピアノ

これまで演奏してきた中で過去最小人数であったため、今年のパルスはPCのメトロノームアプリを使うことにしました。(使う予定でした。)

きのったディレクター(きのった先生)は、演奏中、固定カメラで写しっぱなしは、配信を見てくださっている方々が楽しくないので、いろんな方向から見てほしいとスイッチャーにこだわりました。

彼は、当初ピアノ担当の予定でしたが、ピアノの横に配信機材のセッティングが難しく、
わたしがピアノ担当、きのった先生は配信機材の横にトイピアノを置き、トイピアノを演奏しながら配信スタッフもする、という形に落ち着きました。

トークの後に、演奏者スタンバイ、簡単に演奏説明とマイクテストをして、、、配信でご覧いただいている方は待ち時間になるため、大急ぎです。

さて、いきますよー!
InC スタート!!!

はじめてのメトロノームのパルスによるInC 。
ちょっと違和感あるけど無事スタートしました。

演奏スタートしてしばらくすると、、、
あれれ?パルス音が消えた??


‪全員 → あれれ??‬

何とか演奏頑張ってるけど、「続けていいの?一旦やめた方がいいの??」とみんな同じ気持ちであることが音になって感じられます。
その間、指揮者のいないオーケストラ状態。それぞれ自分の脳内パルスで演奏。


わたし → 復旧するまでとりあえずピアノでパルスしとこうかな?
ドドドド♪‬

‪みんな → ピアノパルスに気がついて、復活!!!

‪きのったディレクター →このままパルスはピアノでお願い!‬

わたし→ひぃぃ、テンポキープできるかな?取り敢えず右手で「ドドドド♪」しながら左手であいぽんの時計の秒カウントを出してそれを見ながら弾いていく。でも1分で自動ロックで真っ暗に。。‬
‪ひぃぃ!もう体内時計で行くしかないっすね。。‬
‪なるべく呼吸を一定に。力を抜いて~~‬

‪「InC の呼吸 壱ノ型 鍵盤連打」でいきました。(笑)


後でアーカイブを見直すと、配信を見ている方にはメトロノーム音は聞こえており、会場のスピーカーからの音が消えてしまったようです。

‬2020年の弾きおさめInC はスリリングなInC となりましたが、
演奏参加してくださったみなさんが素晴らしく、そして毎年参加してくださっている方が半数以上今年も参加してくださったので、とても心強かったです。


アーカイブを見直し、正確なメトロノームよりも、ピアノに変わってからの方が演奏も格段に良くなって、
InC の強さと、音楽は生き物であるということをあらためて考える、とても良い経験となりました。

人数が少なくても、良いInC はできる。より研ぎ澄まされた音で深みへ導かれました。
パルスはInC の心臓であること。
テリー・ライリーという作曲家は天才です。

コロナが落ち着き、来年も開催することができますように。


「2020年令和2年の弾きおさめInC」動画視聴チケット(アーカイブ)は本日2020年12月26日 19:30までご購入可能です。(クレジット決済のみ)
https://2020hikiosame-inc.peatix.com




会場セッティングの様子。




演奏中、配信中の様子

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、木下真理子(旧活動名やまぐちまりこ)です。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。
YouTubeはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード