本日猛暑です。

各地に災害をおこした豪雨もやっと過ぎて、
今日は、ありえないくらいの猛暑です。

暑いよ~!!‥(;´Д`)‥


5月から中旬からずっと忙しいわたくし。
今日も、今帰宅してまた今からお仕事です(・∀・)ノ

練習いつしよー!!!!!(・∀・;)!!!!!
「IMPROVVISO」進んでないぞ~!!!
お仕事の練習優先で後回しになりがちになってしまってますが、一日でも早く弾けるようにがんばらねば!!



お話かわりますが、
飛行機でのアコーディオンの移動はかなり厳しくなってます。
国内線、国際線ともに機内持ち込みの手荷物のサイズはかなりシビアなのはもちろん、
機内に預ける荷物の重さも厳しいです。

飛行機に預ける荷物のサイズや重さに厳しいのは、
わたしは今まで1社しか経験がありませんでしたが
今は他の航空会社でも、
またヨーロッパ内での移動でもかなり厳しいようです。


今年初め、イタリアから帰国するとき(これまでも帰国のときは)預ける荷物に関しての重量において指摘は受けませんでした。
さすがイタリア、アバウト~!!
でも、機内に持ち込む荷物のサイズに関して搭乗口でセキュリティチェックを受ける際には、日本の空港よりもイタリアの空港の方が厳しかったです。これにはビックリしました。
いったん、セキュリティーで「荷物が大きすぎ!」と門前払いになりましたが、別のセキュリティーに並び直し、なんとか突破いたしました。運が良かったとしか言い様がありません。

それがこの数ヶ月の間に、海外の空港でも預ける荷物まで厳しくなってのですねぇ。
アコーディオンは楽器もハードケースもどちらも重いので重量超過してしまうことは100%です。
いろいろ心配してストレスをためるよりも、楽器を半分に分割して鍵盤部分を預けて、ベース部分はリュックに入れて持ち込むのが安心ですね。

わたし、2年前のイタリアでのレッスンの際は、
日本からの出発の飛行機で超過料金をとられ、
しかもローマについたら、楽器、壊れてましたからーーーー!!!!
特注したハードケースの金属足が変形してましたから、これが凹むって絶対投げられたに違いない!と確信しております。

もうこの航空会社は絶対使うまいと心に誓いました。

そしてこの時の帰国で鍵盤部分はシーツで包んでソフトケースに入れ、それをハードケースに入れて預け、
壊れやすいベース部分をリュックに入れて荷物として機内に持ち込みました。

もう、この方法がいちばん安心安全な方法です。

それより安全なのは、同伴者を連れて行き、半分を持ってもらうのが一番なんですけど。。
わたしは楽器運搬のためにもう一人連れて行く財力はありませぬよ~~~(´;ω;`)


ちなみに今年イタリアに行った時はキャリーカートのハンドル壊れてました。
いったい、どんなふうに扱ってるの~~??
規制厳しくするなら、荷物も大切に扱って~~!!(`・ω・´)

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

maricororin

Author:maricororin
福岡在住のアコーディオン奏者、やまぐちまりこです。
ここでは日々感じたことをお届けいたします。ライブ情報やレッスンについて、その他詳しいアコーディオンに関する情報は、公式ホームページをご覧ください。
twitterはじめました。
facebookはじめました。
Instagramはじめました。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード